真性包茎はすぐにクリニックへ!放置するリスクと治療にかかる費用
サプリメントインストラクターが監修!仮性包茎クリニック評価ランキング

■Google検索順位は毎月1日の検索を反映しています。
■AIによる評価点は、こちら(https://ko-hyo-ka.com/)のシステムを使用しています。
■Google口コミの点数は、全国の店舗のGoogleの口コミ点数を集計し、平均値を出しています。
■点数配分 1位→5点、2位→4点、3位→3点、4位→2点、5位→1点

真性包茎のクリニックランキング

MSクリニックの真性包茎 MSクリニックのサイト評価 ABCクリニックの真性包茎 ABCクリニックのサイト評価 上野の真性包茎 上野クリニックのサイト評価 青山セレスクリニックの真性包茎 青山セレスクリニックのサイト評価 皐月クリニックの真性包茎 皐月クリニックのサイト評価 メンズクリニック、Google口コミの全国評価ランキング メンズクリニック、Google口コミの全国評価ランキング メンズクリニック、Google口コミの全国評価ランキング メンズクリニック、Google口コミの全国評価ランキング メンズクリニック、Google口コミの全国評価ランキング Google「真性包茎」検索順位

真性包茎はすぐにクリニックへ!放置するリスクと治療にかかる費用

包茎

2017年に「TENGAヘルスケア社」が実施したアンケート調査によれば、成人男性の半分以上が包茎であることが判明しています。大半の成人男性は一般的に病気とはみなされない仮性包茎と考えられますが、一部の人は真性包茎で治療が必要な状態です。

男性が真性包茎を放置し続けると、性生活や日常生活において多くのデメリットが生じることが知られています。性生活などのデメリットに加えて性器や他の器官でガンなどの恐ろしい病気に罹るリスクを高めてしまうという問題もあるので、早めに専門のクリニックで治療をしておく必要があります。

真性包茎を放置すると生じるかもしれないデメリットやリスクとは

真性包茎を放置すると生じるかもしれないデメリットやリスク

真性包茎とは平常時だけでなくて勃起時にも亀頭を露出しない状態のことで、仮性包茎のように手で剥くこともできません。

亀頭を露出させられない原因として、包皮の先端が狭い・包皮と亀頭の皮膚が癒着して一体化している、などが考えられます。成人になっても亀頭を露出させることができない状態が続くと、包皮の内側で細菌が繁殖して悪臭を放ったり亀頭包皮炎という炎症を起こす恐れがあります。

包皮によって亀頭の成長が妨げられることで、ペニスが短小や先細になるケースも少なくありません。亀頭を露出させることができないことにより性交渉ができなかったり、セックスができたとしてもコンドームの装着ができないといった問題が生じます。

真性包茎は細菌が繁殖して生じる亀頭包皮炎に加えて、陰茎がんに罹るリスクを高めてしまうことが知られています。陰茎がんは悪性腫瘍の一種で、発見・治療が遅れると腫瘍が全身に転移して治療をすることができなくなってしまいます。この病気は包皮の内側で発症することから簡単に見つけることができないケースが多く、発見が遅れてしまうケースも多いようです。

矢井田

このように真性包茎を放置し続けると性生活に支障をきたしたり恐ろしい病気のリスクを高めてしまうので、早めに治療をして正常な状態に戻すことが必要です。

真性包茎に対処する方法とは

真性包茎に対処する方法

一般的に18歳になっても亀頭が露出しないと真性包茎とみなされており、そのまま放置し続けたとしても自然に治る可能性はかなり低いといえます。成人しても包皮を剥いて亀頭を露出させることができない男性は、治療をする必要があります。

ただし真性包茎は手で包皮を剥くことができないので、包茎矯正リングやテープなどを使用して治すことはできません。市販されている包茎矯正リングやテープといった器具は、仮性包茎を改善させるための商品です。オンライン通販や一部の薬局などで販売されているペニス増大サプリは仮性包茎または正常な状態の人向けの商品なので、サプリメントを使用しても真性包茎を改善させることは不可能です。

矢井田

真性包茎を治すことができる方法は、専門のクリニックで包皮を切除するための手術を受けることです。

包皮を切除する際は麻酔が使用されるので、痛みを感じることはありません。麻酔が切れた後は人によっては痛みを感じることがありますが、痛み止めの飲み薬が処方されます。クリニックで実施されている真性包茎の手術は、30~50分程度の短い時間で完了します。手術後は帰宅することも可能で、傷が治るまでの間でも通勤・通学などの日常生活を続けることができます。

真性包茎の治療(手術)方法と費用

真性包茎の具体的な治療(手術)方法ですが、環状切開術または背面切開術と呼ばれる術式が用いられます。

環状切開術

環状切開術というのは余った包皮をリング状に切除してから縫合する手術で、治療後のトラブルが少ないことや見た目が自然であるなどの理由で多く用いられています。

背面切開術

背面切開術は保険診療の対象ですが、狭くなった包皮を開くためにペニスに沿って切り込みを入れる方法です。この方法でも亀頭を露出させることができるものの、余分の包皮が残るので治療後の見た目が悪くなったり仮性包茎の状態になるといった問題が生じます。

真性包茎そのものを改善させるだけであれば、健康保険が使える背面切開術を選択する方法もあります。ただし手術後の見た目やトラブルを考慮して、ほとんどのクリニックでは健康保険が使えない環状切開術が行われています。

矢井田

環状切開術は自費診療なのでクリニックごとに料金に違いがありますが、一般的な相場は15~25万円です。ただし、包皮が癒着しているような場合だと追加料金がかかります。

保険診療よりも費用が高額になってしまうものの、複数の種類の麻酔を組み合わせることで痛みを全く感じないような治療を受けることも可能です。手術に要する時間は1時間以内であるケースがほとんどで、当日中に帰宅することができます。通常のナイロン糸を使用する場合は、手術から2週間後に再び来院して抜糸をします。

真性包茎を治療するクリニックの比較方法

真性包茎を治療するクリニックの比較方法

多くの男性向けの美容整形クリニックでは、真性包茎や仮性包茎を治療するための治療が行われています。使用する麻酔や基本的な手術の方法は同じですが、アフターケアや料金などの点でクリニックごとに違いがあります。そのため、真性包茎を治療するクリニックは治療費用・術式・アフターケアなどの面で比較して選ぶことが大切です。

真性包茎の治療ができるクリニックを比較する場合は、ランキングサイトを活用する方法があります。ランキングサイトにアクセスすれば、費用・評判・術式・通院回数・手術後の見た目・所在地(アクセス方法)、といった項目ごとに比較・検討するのに役立ちます。

クリニックによっては、手術後に自然に溶けてしまう吸収糸を選択することができます。吸収糸を使用すれば、抜糸のために受診する手間を省くことができます。他にも手術後の傷跡が目立たないようにしたり、ペニスの形や見た目も配慮して治療をしてくれるクリニックもあります。

矢井田

首都圏や関西圏などの都市部であれば、多くのクリニックがあるので迷ってしまうかもしれません。このような場合はランキングサイトを有効活用して、費用やその他の条件で比較して自分に合ったクリニックを選ぶようにしましょう。

真性包茎の治療に一番おすすめのクリニック

真性包茎の治療に一番おすすめのクリニック

東京や埼玉・神奈川・千葉県エリアにお住まいで真性包茎にお悩みの男性の方であれば、新宿にある「MSクリニック」がおすすめです。MSクリニックは新宿駅南口から徒歩3分の便利な場所にある男性用の美容クリニックで、真性包茎の日帰り治療が可能です。

こちらのクリニックでは事前に「3次元精密作図デザイン」により手術後のペニスのデザインを描き、ミリ単位の高精度で余分な包皮を切除する治療を受けることができます。これに加えて、亀頭直下で切開・縫合する「亀頭直下埋没Vカット法」と呼ばれる手術が実施されているという特徴もあります。亀頭の下側の目立たない場所に縫合ラインができるので、治療後のペニスの見た目が自然で美しい仕上がりになります。

包茎手術を実施しているクリニックの中には抜糸の必要がない「吸収糸」を選択すると追加料金がかかるケースがありますが、「MSクリニック」であれば手術糸を変えても料金は同じです。「MSクリニック」の公式サイトには各治療費用が明示されているので、自費診療でも安心して相談・カウンセリングが受けられるのも大きなメリットです。

矢井田

真性包茎の治療をするためのクリニック選びで迷っている方は、新宿にある「MSクリニック」の公式サイトにアクセスしてみることをおすすめします。

まとめ

18歳以上になっても男性器の先端の亀頭を露出できない場合は、真性包茎の可能性があります。真性包茎は放置しても自然に治ることはないので、クリニックで手術をして治す必要があります。

治療をせずに真性包茎を放置し続けると性生活に支障をきたしたり、男性器の成長が阻害されることが知られています。これらに加えて、真性包茎を治療せずに放置し続けることで亀頭包皮炎や陰茎がんなどの病気の発症リスクを高めてしまうので注意が必要です。

矢井田

真性包茎でお悩みの男性の方は、早めに自分に合ったクリニックを見つけて手術を受けて治すようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました