30代では心因性早漏の場合もあるので専門的な早漏治療が重要

30代で早漏の悩みを持っている場合の対処法

“30代で早漏で悩んでいる場合は、様々な方法で対処できます。

専門医に相談して早漏治療を受けるのが基本ですが、30代だと心因性も調べます。

医学界でも早漏の確実な定義がないため、専門医は患者の状態を診察して総合的に判断します。

早漏は3種類に分類され、30代の男性は心因性で悩む人も多いです。

心因性は、性行為に対する過去のトラウマやストレスが原因になり発症します。

過敏性は陰茎周辺の皮膚が敏感で、表面の刺激だけでも射精が起こります。

過敏に反応する場合は、矯正するトレーニングもあります。

年齢を重ねて筋肉が弱くなると、衰弱性早漏のリスクが高くなります。

男性ホルモンが減少すると様々な問題が起こりますが、衰弱性早漏も含まれます。

30代の男性は心因性だけでなく過敏性と衰弱性のリスクも抱えています。

気になる症状に気付いたら、早めに医療機関を訪れ早漏治療の相談をします。

カウンセリング時に患者の話を丁寧に聞き取り、適切な治療方法を提示してくれます。

専門的な早漏治療を受ける

“30代で心因性早漏を発症した場合は、興奮しないように気を付けます。

射精は交感神経が優位になると起こるため、リラックスするように心がけます。

早漏を改善するために大切なのは意識の切り替えで、意識を切り替えられると興奮を抑えられます。

骨盤底筋を鍛える方法も有効で、骨盤底筋は毎日のトレーニングで鍛えられます。

パートナーがいる場合は、パートナーに協力してもらう実践的な方法もあります。

早漏治療では薬物療法も広く知られていますが、薬物療法を希望する場合は専門医に相談します。

専門医は患者から体の症状や悩みを聞き取り、最適な早漏治療を提案します。

過去のトラウマやストレスが原因になっている場合は、心療内科で相談する人もいます。

射精中枢のホルモンバランスが問題になっている場合は、ホルモンバランスを整える薬を服用するケースもあります。

薬を服用すると有効成分が働き、交感神経を鎮めて脳の興奮を抑えます。

まとめ

“早漏で悩んでいる場合は、様々な早漏治療を選択できます。

心因性でも衰弱性でも早漏治療を受ける場合は、専門医に相談して症状に合う治療を選択します。

行動療法や薬物療法、手術など様々な治療方法があるので慎重に検討します。

心因性早漏は不安や精神的なストレス、過去のトラウマも原因になります。

必要なら心療内科を受診して精神的なストレスや不安、過去のトラウマを解消するための治療を受けます。

日常生活ではリラックスするように心がけ、ストレスを溜めないように気を付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。