実は30代の早漏治療は一般的

30代になって初めて深刻に早漏で悩む人は多い

30代での早漏治療は実は一般的、という話もあります。
早漏治療は20代や成人前までに解決するもの、と何となくのイメージを持っている人も少なくありません。
やはり早い内にそういったデリケートな部分は改善しておくべき、だから30代はもう遅いのでは?と不安に感じている人もいます。
でもそれは果たして、本当に合っているのでしょうか?確かに30代で早漏の人だと、かなりの割合の人が「割り切っている」とも思えるでしょう。
しかし悩みとしては深刻に考えている人が多いのも30代、またはそれ以上の年代なのです。
例えば早漏で20代の時に様々な女性と交際するとします。
早漏だとコンプレックスに思い、どうしても積極的になれず、あげくEDになってしまう場合だってあるのです。
早漏とED、複数の問題を抱えて30代になり「本格的に早漏をどうにかしたい」と考える場合も現場では聞かれます。
そのため、30代で早漏治療をしようとするのは、意外とおかしなことでもないと言えるのです。

男性は何歳になっても射精の悩みを持つもの

早漏治療には推奨されるべき年齢はあるのでしょうか?実はこれは非常に難しい問題です。
なぜなら症状には様々な種類があり、またその原因も個人によって大きく異なるからです。
個人によって状況が全く違うので「何歳までに解決しよう」という目安はハッキリと言えません。
まず「ED性早漏」というものがあります。
EDについては先述しましたが、実はEDでも早漏状態に陥ることがあるのです。
EDとは勃起不全ですから、かいつまんで言うと勃起のコントロールがしにくい状態なのです。
これは「衰弱性早漏」にも通じるものがあります。
衰弱性早漏は高齢の方にしばしば見られる種類の症状で、陰茎周辺の筋肉が衰えて意図せず射精してしまいます。
40代もしくは70代の方でも衰弱性早漏などで医療機関に、早漏治療で訪れる方は意外と多いです。
つまり30代だとしても決して遅いとは言い切れないのです。
男性では70代になっても射精能力のある方はいるわけですから、一生の問題とも言えます。
そのため、いつ早漏治療をしてもおかしいことはありません。

まとめ

早漏によって非常に悩んでいる方は少なくないですが、自分の年齢的にどうなのかなと不安に思っている方も多いです。
しかし実際に早漏治療で、医療機関に訪れる30代の方は少なくありません。
むしろ割合としてはかなり多い年代なので、「30代だから相談しにくい」というのは思い込みだと言えるでしょう。
一般的におかしい話ではないのですから、気軽に医療機関に相談するのも悪くありません。
そうすれば長い間深刻に感じていた悩みがスッキリするかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。